No.14 用語の解説(H30.1.30)

それでは説明します。

順不同です。

 

⓵樹上掴枝

他のところでは十指杷地とか十指爪地とか言われてます。

地面を杷むようにすることです。

我が樂鍠關塾では樹上の枝を掴め、という風に教えてます。

 

そのほかでは

②逆転掌

バックスピンを使った掌打のことです。

⓷捻掌

外側転掌です。

⓸捻捶

外側転拳です。

通常の拳は内側転拳となります。

   熟練すると擦捶と呼びます。

擦捶イコール殺捶となります。

かなり危険な拳となります。

⓹抱玉式

玉を抱えて立つ様にします。

タンチュンとか站搗とか言われます。

脚を踏み込む様にします。

これを

⓺打杭と呼んでます。

地面に杭を打ち込む様にするものです。

正拳で突くとき杭を打ち込む様に突くと

威力が倍増します。

慣れると拳より掌の方が効きます。

 

なおこの用語は私の独断でつけました。

 

ホームページはhttp://sekijuku.comからどうぞ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください