No11. 基本技の徹底  土台(H39.1.9)

土台です。

拳や掌打の威力向上のために必須です。

ただ他所のところではあまりうるさく言わないようです。

 

しかし土台の重要性は

土台の論理的解明が進めば進むほど無視できなくなります。

余談ですけど相撲の四股と摺り足の稽古は

この土台の修得に最適です。

 

この動画では足の指で地面を攫むということを

説明しています。

ただこの言い方ではピンとこない向きもあろうかと思い

鳥の足の様にと説明しています。

 

鳥が木の枝に留まっている状態、

枝をしっかりと攫んでいます。

大型の猛禽類になるとその握力は150kgにもなるとか。

この値は相撲取りの体重に匹敵します。

つまり相撲取りをぶら下げて飛べるということ、

すごいですね。

その感じで立ちなさい、ということ。

しかもこの様にして立つと、

腰が捻れないのです。

腰が創れます。

半身にしても安定します。

柔道でいう自然体とはこの様な状態ではなかろうか?

と思います。

HPは

http://sekijuku.com

からどうぞ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください