八十の二十一 砂糖の味は・・・・

八卦掌や太極拳の場合、空手や長拳と違って 

稽古がゆるやかな動きにしか見えませんから、

部外者はもとより

稽古をしている當の本人でさえも

これで本當に役に立つのか

疑問に思ってる人はいますよね

その疑問は至極まっとうだと思います。

私も三十年ほど解らなくて不安でした。

氣とはなんぞや

という一番肝腎なところが抜けているのです。

喩えが適當かどうか分かりませんが

「料理に砂糖を使え」と言われても、

砂糖という言葉は知っていても

砂糖を見たこともなく触ったことも、

味も分からないのでは 

いったいどの様にしていいものやらわかりませんよね。

だいたい何の為に砂糖って使うの、

ということですね。

ですから武技で「氣を使います」と言われても

「氣」が解らないのでは 

その武技が氣を使っているのか、

使っていないのか不明ですよね。

同じ様に見える突きにしても 

氣を使っている時と、

使っていない時とどう違うのか、

あるいは違わないのか、

違うのならどう違うのか、

違わないのならなぜ違わないのか、

それなら氣と力の間にはどんな関係があるのか等々、

みんなが抱く疑問は山ほど出て来ると思います。

今までは解決の緒すら見つからなかったので、

「健康法」だとか「スポーツ」だとか

マカ不思議なものだということで

お茶を濁しているのが實状です。

八卦掌や太極拳、形意拳などはもちろん、

吾が國の武術でも氣を使うものはありますが 

どうしたら氣を感じられるのか、

どの様にして氣を強化できるのか、

自在に氣を操るのにはどの様にするのか、

のメソッドは無いに等しいのです。

私は「氣」の理解には

風水を学ぶのが一番手っ取り早いと思います。

風水の理解があれば陰陽とか

五行とか易とかも理解できますから、

まあ何とか出来るのではないかと思います

 

何となく砂糖の味もわかろうというものです。

   令和二年五月二十九日

八十の二十 立てば芍薬

この写真はウチの庭のシャクヤクです。

なかなかのものですな。

さて八卦掌では身體から練り上げますが

呼吸と合わせて「練」から「錬」へと質を向上させていきます。

円歩式も一つの單円式から

二つの雙円式へと。

これは「∞」のように歩きます。

これで練りの質が格段に向上します。

それから三つの円で。クローバーの様式です。

ダブルで行いますから

ダブルクローバーリーフに向上させます。

文章での説明は難しいので省略します。

さらに五つ、七つ、最後に九つとなりますが

それぞれ五つは梅花、七つは七星、九つは九星ですね。

説明は面倒ですので省略。

     

おまけです。

九星の順番は 河図洛書から借用しました。

「にくしと思えば、七五三、六いち坊主にハチがさす」

詳しくはウチの教室で直接教えます。

          令和二年五月二十三日

80-19 掌打の修得法

次の動画は實際の掌打の修得のやり方です。

一、まず肘を軽く伸ばし、手首を肩の高さまであげます。

  指先は脱力して置きます。

  この状態で二度ほど呼吸します。

二、次に肘を直角に曲げね静止、呼吸を二回する。

三、肘を墜とします。

  その時 肘を軽く伸ばしながら手首も伸ばします。

  指先から肘まで一直線にします。

  ここで静止、呼吸を二回する。

四、肘をさらに墜とし 掌の下、

  掌底を墜とし突き出すようにします。

  その時 掌のひらは丸く窪ませるようにします。

  ここで静止、呼吸を二回します。

五、ゆっくり脱力しながら 下に降ろします。

  なお 静止して呼吸を二度するのは 

  型の軌跡を正確に覚え込ませるためです。

六、慣れたら一から五までの型の軌跡をなぞりながら

  一筆書きみたいに動かしてみます。

七、それができたら實際に人に試してみます。

八、これが充分出来るようになったら、

  四の時 掌底付近にある労宮というツボを意識してみます。

  掌のひらの労宮のツボを押し付けるようにして

  按出します。

  労宮から氣が出て行く感じが掴めると思います。

という訳で労宮から出る「氣で打つ」のが

太極拳の按勢だという訳です。

        

             令和二年五月十五日

80-18  練功法とは氣を溜めること

私のところでは氣とはエネルギーのことであると

定義付けております。

異論があることは承知しておりますが 

私のところでは一応そういうことにしております。

そのエネルギーを蓄える方法として

筋骨を鍛えてエネルギーを発生させるやり方と、

意念と呼吸を使ってエネルギーを発生させるやり方が

あるようです。

これは動作に呼吸を合わせながら意念を誘導して

エネルギーを発生させると言ってもいいでしょう。

また 意念をツボに誘導させると

もっと大きなエネルギーを発生させられるようです。

ここらへんは私も初歩的なレベルでしか理解していませんので

これくらいにして置きます。

      令和二年五月九日

80-17  練功法はなぜ必要か

拳法では功を積むとか、功が深いとか言います。

この「功」と言う概念が吾が國にはありませんので

その意味を正確に理解することはかなり難しいですね。

通常は功ではなく功夫を積むとか、

功夫が深いとか言います。

功夫はクンフーとかカンフーとか読みます。

そのクンフーを積むことを練功法という訳です。

さてこの練功法というやつですが 

これは實際に拳法を護身に使わなければ必要ないでしょうね。

例えば太極拳の單鞭の型で相手を打ち倒そうとします。

ゆっくりやっても効きませんし、

速くやっても、

力を込めてやっても効き目はないでしょう。

普通の太極拳教室では「こうやって使います。」でおしまいです。

何せ使おうとも思ってないし、

使えるとも思ってないのですからのですからね。

まあ無理もありませんけど。

しかしクンフーが深いと單鞭は恐ろしい効果を発揮します。

よくて肺湿潤、

下手をすると内臓破裂を引き起こします。

功は錬るのと積むのとではその性が微妙に違います。

また 功が深いとか浅いとか言います。

高いとは言わないようですね。

さらに筋骨を鍛えて

体の外側から功を積んでいくものを外功と言い、

意念と呼吸を伴った動きで

體の内面から功を深めていく内功があります。

形意拳では功を積む感じがしますし、

八卦掌では功を錬るような動きが多いですね。

太極拳はどちらの感じもあるからその中間くらいかな。

單なる健康法や舞踊体操に錬功法が必要ないのを

登山に例えて説明してみます。

ハイキングや百メートルくらいの山を登るのに

登山準備は不要ですが

三千メートル級の山に登るのに準備無しでは無理ですね。

ましてやこれが八千メートル級のヒマラヤとなると

高地馴致にかなり時間がかかります。

高い山に登るのには體を馴らし

作り変えていかねばなりません。

この體を馴らし作り変えていくレッスンに相当するのが

錬功法という訳です。

という訳で練功法で功が深くなった人の打撃は

かなり危険なモノになってるのです。

外功法はまだ取り付きやすいのですが

内功法は普通の人には雲を掴むようなものでしょうね。

  令和二年四月三十日

80-16   ゆるめる

八卦掌の円歩式は我が国でいうところの

いわゆる摺り足で歩くのですが

踵を浮かして歩くと 膝に負担がかかることがあります。

そこで膝を抜くように歩くことを思いつきました。

膝を緩めると身體を柔らかく動かすことができます。

さらにこれは身軽に動けるということでもあります。

八卦掌の円歩式でずっと踵を浮かして歩くのは

結構大変なのですが 

これはそのうち慣れてもらうしかありませんね。

身軽に動くというのは軽身功の稽古になります。

また撓やかで身をくねらせる動きも上達します。

相手の體に巻きついて崩したり、

弾き跳ばすこともできます。

関節技も上達しますね。

まあいいことづくめなのですが

身につけるのに時間が掛かるのが難点ですかね。

あとこれはヨガでもそうなのですが

体質的に向き不向きがあります。

力を使わないシンクロなどの體術、

氣功など体質的に向き不向きがあるのです。

初歩的なことでも受け付けないことがあります。

本人の努力でもどうすることも出来ないことなので

早めに見切りをつけることが望ましいですね。

   令和二年四月二十五日

84-15 キャンディーズ効果

昭和の御代、キャンディーズという女の子の人気グループがありました。

國民的な人氣アイドルグループです。

しかし、このキャンディーズはデビュー當初から

すごい人氣アイドルグループだった訳ではありません。

途中から三人のメンバーの立ち位置を変更したら

人氣が急上昇したのです。

當初は向かって左からラン、スー、ミキの順だったのです。

歌唱力からいえばこれがベストなのですが

人氣はいまいちでした。

これを左からミキ、ラン、スーに替えて大ヒットしたのです。

この當時の写真からもその氣の凄さが感じ取れます。

 

さてこの動画でも向かって左から

A、B、C、の順に並んでいるとエネルギーが強いのですが

左のAはそのままにしてBとCを入れ替えて 

A、C、Bにすると弱くなります。面白いですね。

                 令和二年四月七日

80-14 武漢発の新型コロナウィルスの厄介なところ

今日もテレビは武漢発新型コロナウィルスの話題で持ち切りですが

氣がついたことを書いてみます。

まず毒性ですが通常のインフルエンザと比べても

それほど際立って強い訳でもないようです。

致死率もインフルエンザよりやや多いくらいです。

もちろん 軽く見ることは厳禁ですが。

では 何が際立っているかというと

それは感染してから発症するまでの時間です。

インフルエンザは感染から発症するまでの時間が

大体24時間くらいなのに対して、

武漢発新型コロナウィルスの場合は2週間。

この発症するまでの時間の長さが厄介なのです。

というのは自分が感染していても氣がつかず

あちこちにウィルスをばら撒いて歩いている訳ですから。

これは時限爆弾をばら撒いているようなものです。

すぐ発症するならまだ対症しやすいのでしょうが、

これが2週間前となると手の打ちようがありません。

人々は疑心暗鬼になります。

結果として重大な社会不安を引き起こします。

この武漢発新型コロナウィルスのもっとも大きな毒性は

全世界規模の社会不安を引き起こしていることではないでしょうか。

令和二年四月二日

80-13 流れに乗る

氣は流れたり、滞ったりしてます。

また流れていても 整っていたり、

乱れていたりしてます。

 

整った流れに乗ってる時は物事がスムーズに運びます。

勝負の場合でもうまく流れに乗ってる方が

勝ちをおさめます。

 

そこで實際に勝負事を始める場合、

戦いを始める前に自分の氣を整えます。

 

それらは一見すると単なるセレモニーにしか見えませんが

重要な意味を秘めてます。

 

套路や型もまた然りです。

さらに套路には氣を蓄えるものまであります。

 

ただ誤解しないでいただきたいのですが 

套路や型は格好だけ真似をしていたら良いという訳では

ないのです。

自ら意識して「念」を集中しないと

氣を整えたり蓄えたり出来ません。

 

これが出来たら

次は相手の意識の集中を妨げて氣の流れを乱したり、

蓄えられてる氣を削ぎ 減らし、無力化します。

 

ここまで出来たら、闘う前から勝ったも同然です。

という訳で 自分は氣の流れを整えてそれに乗り、

相手の氣を削いだり、乱して制圧します。

闘わずして勝ちを治める上策です。

 

また合氣道の技法は流れに乗るというより、

氣をシンクロさせる要素が多いように見えますね。

 令和二年三月二十七日

80-12 氣を整える

人間の髪はホコリや臭いを溜め込みます。

が、それだけではなく氣も溜め込むのです。

シャワーを浴びて髪を洗えばホコリや臭いは洗い落せますが

(多分 溜め込んだ氣も)それだけでは不十分なのです。

ふつう髪を洗ったらどうしますか?

乾かしてそれから整えますよね。

なんで? 

ブラシで。

という訳でブラッシングします。

このブラッシングには髪を整えるだけではなくて

頭部の氣も整える効果も期待出来ます。

ブラッシングによる頭部の氣を整える効果

を動画にしてみました。

さらには床面の氣を箒で整えてその効果も試してみました。

髪のブラッシングより、

床面を箒で掃く方が効果は大きいようです。

大相撲などで土俵を箒で掃いているのは

氣を整える意味合いもありそうですね。

           令和二年三月二十日

二十二日の日曜日の稽古は 府知事のお願いもあり 

武漢発の新型コロナウィルス感染予防のため

急遽中止いたします。